松本よしお⑥つの政策(公約)

① 総合的に危機管理ができるまち


・ 自助・共助・公助が機能する心の通ったコミュニティーづくり

・ 事前防災(国民保護、水害・地震等対策)の推進
・ 将来に責任ある財政運営の推進

・ 少子化対策のための人口政策(就学年齢の前倒し、教育の無償化等)の検討

・ 再生可能エネルギーを基本としたエネルギーミックスによるエネルギーの確保

② 出産・育児・教育の充実したまち


・ 地域一体となった出産・育児のための環境づくり
・ 待機児童の解消とクオリティアップ
・ 段階的なキャリア(職業感)教育の推進
・ 特別支援教育環境の充実
・ 保育及び教育現場の負担軽減(教職員の多忙解消)

③ こども、豊齢者、障がい者にやさしいまち


・ 児童虐待未然防止、早期発見のためのシステムづくり
・ 豊齢者・認知症の地域見守りのためのシステムづくり
・ 待機豊齢者の解消スピードアップ及び成年後見制度の普及
・ 障がい者の日常生活・移動支援の拡充
・ 福祉現場の負担軽減(職員の処遇改善)

④ 雇用が持続するまち


・ 若者からシニアまで生涯にわたり活躍できる職場環境づくり
・ 職住近接(コンパクトシティ化)によるワークライフバランスの推進
・ 農商工連携による第一次産業(農業)の発展
・ 第三次産業(サービス)の効率化
・ コンベンションシティー化(人・物・情報等の交流の場)の推進

⑤ 潤いのある活き活きしたまち


・ 市民参加型の歴史・文化・国際観光案内人の育成
・ 生涯にわたり学び、スポーツのできる環境づくり
・ ドーム型施設の誘致・整備
・ 地域に伝わる伝統芸能・祭りの再生
・ 「まちなか田舎」を大切にする環境づくり

⑥ 議会の活性化


 慣習にとらわれない市民目線に立った議会運営の推進

・ 通年議会の導入

・ 議会基本条例の策定及び議会活動の見える化

・ ITを導入した効果的・効率的な議会運営

・ 部外知見の積極的な活用